ながみねにっき

おもに日記です。

文字職人

主にミニコミなどで自分が使うために、フォントを作る。

イメージは、大正から昭和初期の広告(の書体)。

書道を勉強したことがないから、いわゆる明朝体とゴシック体くらいしかわからないけど。

てはじめに、50音(ひらがな・カタカナ)を作る。ここができたら、常用漢字を少しずつ作っていく。

 

全体のバランスを見ながら、線を伸ばして縮めて、足して引いて。文字を書くことと、文字を作ることって似てるようで違う作業なんだ。使ってみるまで、知らなかったな…